葬儀準備で気をつけたいポイント

家族葬専門サイト

葬儀・お葬式の準備

葬儀社選びのポイント

ひと昔まえのお葬式は、地域共同体で執り行ってきました。 村の中で不幸が起きると、その家族は喪に服し、共同体の成員が葬儀を進めてきたわけです。家族は喪に服すことで、死別の悲しむに向き合うことに専念することができました。ところが、現代では、葬儀を進めるのも喪主、喪に服すのも喪主。地域のかかわりが希薄になってしまったために、すべてを喪主や遺族で背負い込まなければなりません。そこで、葬儀の代行業者が登場し、お葬式は葬儀社が執り行うことが一般的になりました。
葬儀社選びのポイントの詳細はこちら

斎場(葬儀場)選びのポイント

お葬式を執り行う上で、いい斎場を選べるかどうかはとても大事な要素です。 急なお葬式であれば仕方がないものの、時間に余裕があって、 お葬式について考える時間があるならば、じっくりとさまざまな斎場について比較し、納得の行く斎場を選びましょう。
斎場(葬儀場)選びのポイントの詳細はこちら

葬儀費用について

火葬式プラン

スポンサードリンク

「火葬式」とはその名の通り、火葬だけで故人を見送るスタイルです。通夜、葬儀・告別式、初七日などの儀式をせずに、簡略化した内容になります。「直葬(ちょくそう)」、「荼毘葬(だびそう)」とも呼ばれています。もちろん、火葬式でも斎場で営む葬儀でも、個人を偲(しの)んで感謝の気持ちを伝えることができます。

火葬式プランの詳細はこちら

家族葬プラン

スポンサードリンク

家族葬は遺族をはじめ、身近な方や親しい方が参列して営まれる葬儀です。葬儀の中では最も利用されるケースが多いのが特徴です。家族葬は最近になって使われた言葉です。「密葬」と呼ばれる葬儀形式の内容が、家族葬に最も当てはまります。いずれにしても、故人と縁が深い人たちが斎場などに参列する形式です。

家族葬プランの詳細はこちら

一日葬プラン

スポンサードリンク

一日葬とは、葬儀に関わる全儀式を1日で済ませようという形式です。葬儀会社の広告でも目にしますが「ワンデーセレモニー」と呼ばれることもあります。斎場などで執り行う通常の葬儀は、通夜から告別式などの儀式を2日以上かけて執り行います。地域や状況によっては、3日以上もかかるケースがあります。。

一日葬プランの詳細はこちら

葬儀費用について

火葬式

火葬式

直葬・火葬式の葬儀

家族葬

家族葬

家族葬の葬儀

一日葬

一日葬

一日葬の葬儀

一般葬

一般葬

一般葬の葬儀

↑ PAGE TOP