葬儀社 坂本葬儀店

家族葬専門サイト

坂本葬儀店

坂本葬儀店の画像
スポンサードリンク

坂本葬儀店は和歌山県有田市の葬儀社です。

家族葬は遺族をはじめ、身近な方や親しい方が参列して営まれる葬儀です。葬儀の中では最も利用されるケースが多いのが特徴です。お葬式で大事な要素の1つに、葬儀社選びがあります。会館や祭壇の他に、お見送りをする葬儀社の「人」です。「人」というのは、家族、親族、参列者、寺院、だけでなく、葬儀社の担当者も含まれるものだと思います。坂本葬儀店は、葬儀の事前相談に対応してくれた葬祭ディレクターがお葬式の担当者になるかどうかは分かりませんが、社員の人柄を見極めることは、葬儀社全体のクオリティを評価する基準の一つになりますので慎重に検討しましょう。

坂本葬儀店の葬儀社情報

住所和歌山県有田市千田59-9
坂本葬儀店のアクセス・地図情報
アクセスJR紀勢本線(きのくに線)(新宮~和歌山) 紀伊宮原駅から2.6km / JR紀勢本線(きのくに線)(新宮~和歌山) 箕島駅から2.9km

斎場(葬儀場)選びのポイント

お葬式を執り行う上で、いい斎場を選べるかどうかはとても大事な要素です。急なお葬式であれば仕方がないものの、時間に余裕があって、お葬式について考える時間があるならば、じっくりとさまざまな斎場について調べましょう。

■ポイント1)業者保有の斎場か、貸し斎場か

A)葬儀社保有の斎場
葬儀社がサービスしやすいような設計になっているため、会館設備が充実していることが多いです。ただ、葬儀社は少しでも利益を出そうと自社斎場を誘導してきます。立地条件や予算など、本当に自分たちの葬儀に見合った斎場なのかを冷静に見極めましょう。

B)誰でも使用できる貸し斎場
行政が運営している公営斎場や、寺院などが貸し出している寺院斎場などがあります。斎場を保有していない葬儀社に依頼するときにはこのような斎場を使用することになります。祭壇や設備などをすべて持ち込んでの設営になるので、お通夜までその会館でゆっくりと過ごす、ということはできないでしょう。また、会館使用料は斎場によってかなり開きがあるので、事前に確認が必要でしょう。

■ポイント2)会葬規模に見合った広さか

最近では家族葬を選ばれる方が大変多くなっていますが、お葬式に参列される人数に適した斎場の広さがあります。その斎場がどれくらいの人数を受け入れることができるのか。自分たちの望むお葬式が適う斎場かどうかを見極めましょう。

■ポイント3)立地や交通の便

自分たちが斎場に行きやすいかどうかも大切ですが、参列される方々が、来やすい場所にあるか、車であれば駐車場が充実しているか、また電車やバスなどの公共交通機関を使っての参列が見込まれる場合に、移動の負担が少ないか、径路は分かりやすいか、などを見極めましょう。

スポンサードリンク

有田市近くの葬儀社のご案内

スポンサードリンク
宮原公益社の画像
宮原公益社
和歌山県有田市"宮原町東99 "
(株)有田葬祭/フューネラル辰ヶ浜会館の画像
(株)有田葬祭/フューネラル辰ヶ浜会館
和歌山県有田市"宮崎町2126-4 "
セレモニーホール花久の画像
セレモニーホール花久
和歌山県有田市"港町90-3 "
有限会社花久葬儀社の画像
有限会社花久葬儀社
和歌山県有田市"港町90-3 "
坂本葬儀店の画像
坂本葬儀店
和歌山県有田市"千田59-9 "
フューネラル保田の画像
フューネラル保田
和歌山県有田市"千田74 "
(株)有田葬祭/フューネラル有浄会館の画像
(株)有田葬祭/フューネラル有浄会館
和歌山県有田市"箕島65-1 "

■家族葬の費用のポイント

家族葬の費用について見ていきます。斎場の大広間で参列者が数百人規模の葬儀に比べると、安く済ませることができます。費用の相場として、400,000円~500,000円が最も多い価格帯になります。もちろん、家族葬といえども、参列者の対象範囲が広がれば、その分大きな斎場が必要なので費用もかかります。

【A社の家族葬の費用】
▼合計費用490,000円(税込)
・臨終場所から安置施設までの寝台車(最長50Kmまで)
・安置場所から火葬場までの寝台車(最長50kmまで)
・安置施設での枕飾り、ドライアイス(3~4日分)、線香・ローソク
・火葬手続代行
・祭壇、供物、生花、式場費用、仏衣、布団、棺、受付用の事務用品
・火葬料金
・納骨用具一式、後飾り祭壇、お別れ用の花、遺影写真、仮位牌、焼香器具
・スタッフ1~3名

オプションとして、仏花、湯かん、戒名(もしくは法名)を書いた位牌の購入、納棺師などの手配もできます。永代供養、葬儀後の法要についても対応しています。寝台車も一般タイプ、高級車、輸入高級車などのランクに分かれて、別途利用料金がかかります。参列者の移動用の車両にも、オプションが設定されているケースがあります。

他の葬儀社を比較する

葬儀費用について

火葬式

火葬式

直葬・火葬式の葬儀

家族葬

家族葬

家族葬の葬儀

一日葬

一日葬

一日葬の葬儀

一般葬

一般葬

一般葬の葬儀

↑ PAGE TOP